ばね・バネ(スプリング)を企画・設計・製造・販売している大阪の会社です。
弊社WebSiteではばね(バネ)の特性計算ができます。ご利用ください!!

有限会社 加賀スプリング製作所

有限会社 加賀スプリング製作所
〒537-0013 大阪市東成区大今里南2-14-23
Tel:06-6971-0660 Fax:06-6971-0676
email:info@kagaspring.com

ばねの用語集

トップ > ばね用語集 > 設計に関するもの

接触型ゼンマイバネの簡易設計方式

記号

記号の意味

単位

l

全長(展開長)

mm

b

板巾

mm

D

ケース径

mm

k

バネ定数(トルク特性の傾き)

N・mm/回

Mmax

最大トルク

N・mm

t

板厚

mm

S

シャフト径

mm

Nmax

最大巻数

δβ

引張強さ

MPa

E

縦弾性係数

MPa

α

反発係数(加工率)

*δβ引張強さはゼンマイ形状や材質によって異なります。

*α(反発係数)加工方法及び加工率により異なる為に、
実績データーで補正します。


以下の条件よりゼンマイバネを設計し、このバネの巻き戻し回数とN回転時のトルクを求めます。

材質:リボン鋼

δβ=引張力1620 MPa

E縦弾性係数 206000MPa

板巾:b9.5

シャフト径:S=6

ケース内径:D35

最大トルク:Mmax490N・mm

 

トルクの最大値より板厚を求めます。

2Mmax*4/α*δβ*

2490×4/0.8×1620×9.5

0.4


次にl=全長(展開長)を求めます。

l=DS/2.55*

l=356/2.55×0.4

1166


最大巻数を求めます。

 

ぜんまばねの巻数計算式


Nmax
N ND―γ



Nd:ぜんまいを密着までシャフトに巻き付けた時の巻数

ND:ぜんまいがケースに入った状態の巻数

γ:補正係数、通常は2としています。

Nd=(√((4×1166×0.4/3.14+62)―6/2×0.4

Nd=√630.146/0.8

Nd≒23.9


ND
=(35-(√352―(4×1166×0.4/3.14)))/2×0.4

ND12.3

Nmax23.912.32

Nmax9.6


バネ定数を求めます。

k=π*E**3/*

k=3.14×206000×9.5×0.43/×1166

k=56.21N・mm/


次にN回数時のトルク値M
M
=k×N+Mmax-k×Nmax)となり

巻回数7回のトルクは

M7=56.21×7+49056.21×9.6

344N・mmとなります。



SiteMap | 設備情報 | LINK | WebLog | 掲示板
All Rights Reserved, Copyright ©2003-2017 KAGA SPRING PLANT Co.,Ltd.